SUNDY GALLERY

f0194992_2027044.jpg
09/06/06 Cro-magnon×三宅洋平×Keyco @"頂"日本平大音楽祭,静岡
[PR]
# by sundy-photo | 2009-06-15 20:27 | 音楽

f0194992_20241375.jpg
09/06/06 Cro-magnon×三宅洋平×Keyco @"頂"日本平大音楽祭,静岡
[PR]
# by sundy-photo | 2009-06-15 20:24 | 音楽

f0194992_2023592.jpg
09/06/06 Cro-magnon×三宅洋平×Keyco @"頂"日本平大音楽祭,静岡
[PR]
# by sundy-photo | 2009-06-15 20:23 | 音楽

f0194992_1945672.jpg
09/06/06 Cro-magnon×三宅洋平×Keyco @"頂"日本平大音楽祭,静岡
[PR]
# by sundy-photo | 2009-06-15 19:45 | 音楽

f0194992_1936761.jpg
09/06/06 Cro-magnon×三宅洋平×Keyco @"頂"日本平大音楽祭,静岡
[PR]
# by sundy-photo | 2009-06-15 19:36 | 音楽

頂 日本平大音楽祭

f0194992_19122299.jpg
09/06/06 日本平大音楽祭,静岡

エコアパレルブランド "RENATURE" イノグチさん提供のテント。
頂ではPAブースとして使用。緑に囲まれたロケーションにバッチリ合ってます。
[PR]
# by sundy-photo | 2009-06-15 19:13 | 音楽

夕陽フォトセッション

f0194992_21431722.jpg
頂の余韻も残る翌6月8日。
急遽大阪でライブ帰りのウコカ一行 (パーカスKazzz、アフニカ/ケイちゃん、地元のサーファー/ムネオくん&ゴロちゃん、愛犬モモ)と御前崎周辺で合流。菊川のとある場所でフォトセッション!海岸の夕日と共に充実した時間過ごした。
[PR]
# by sundy-photo | 2009-06-12 07:30 | 音楽

静岡 “頂”

f0194992_2151178.jpg
現在三宅洋平ドキュメンタリーを制作している、SOMEONE'S GARDENチーム
と共に撮影スタッフとして参加させていただきました。

二日間の楽しいフェスでした。
ブンブンクルーのみんなお疲れさまでした!写真はまた後日アップします!
[PR]
# by sundy-photo | 2009-06-09 21:39 | 音楽

RAY BARBEE MEETS THE MATTSON 2

f0194992_21421816.jpg
2009.5.31(SUN) Ray barbee meets The Mattson2 @GLOBAL TASTE

OPEN/19:30 START/20:30

ADV:4,000yen DOOR:4,500yen (Drink別途)

LIVE
Ray Barbee meets The Mattson2
moLo

GLOBAL TASTE (静岡市清水区中之郷1-4-11 054-345-5511)

チケットぴあ Pコード 323-592

チケット取扱い店
CONNECT 054-646-2827/NO TARGET 054-255-9175/ BLUE NOTE 1988 054-253-6555
EARL STORE 054-255-1211/PERMANENT 054-253-6331/WIGWAM..054-250-2221
ETERNAL 054-252-2500/SPROUT 054-207-7707/NEIRO&FUNTIMES 054-253-7801
GN 054-272-4200/IFNI 054-255-0122/JACK Shizuoka 054-653-1563/Cafe Wookies 090-6465-4200

Ray Barbee(レイ・バービー)
トミー・ゲレロの盟友であり、現役のプロ・スケーターでもあるレイ・バービー。トーマス・キャンベルの主宰するgalaxiaより EP "Triumphant Procession" をリリース。UNGLY DUCKLINGとの共演などを経た後、「スプラウト」のサウンドトラックにも楽曲を提供し、また2005年2月に横浜で行われた "The Greenroom Festival" にも出演。2006年の3月に再来日し、日本のサーフ・シーンを牽引しavexより作品をリリースしているcaravanとの共演を果たした。日本のスケートボード、サーフ・カルチャーとの交流も深い。 2005年7月に発売された初のフルアルバム「In Full View」では、さらにそのメロウな世界観を増幅させ、多くの人の耳に心地よいサウンドを届けることとなった。 レイドバックしたアコースティックなギターサウンドと緩いリズムが織りなす様は、まさに今の西海岸の空気を表している。


The Mattson2(ザ・マットソン2)
ギター:Jared Mattson (ジャレッド・マットソン) ドラムス:Jonathan Mattson (ジョナサン・マットソン)
カリフォルニアはサンディエゴ出身の若干20歳の双子からなるマトソン2。ジャズやブルースを独自の解釈のもとアップデートし、普遍的な魅力と空間を持ったサウンドを奏でている。ジャズ理論特有のマナーを守りつつ若い感性が新たなサウンドを創り出し、ジャム・セッションの様で計算されたサウンド・プロダクションは、上品でスムースな空間を演出している。また、地元であるサンディエゴを中心にライブ・ハウスなどで活動を続け、レーベル・メイトである”gojogo”ともたびたび共演し、そして、地道な活動の末トーマス・キャンベルに見出され、今回、彼らにとって初となるタイトルをリリースすることとなった。 60年代〜70年代の古き良き音楽を現代に再構築した、若干20歳のオールド・マンである。

フライヤーには明記してありませんが、今回のチケットは250枚限定です。
反響が大きく完売もあり得ますのでチケット確保はお早めに〜♪
[PR]
# by sundy-photo | 2009-05-31 00:00 | 告知

鳥になりたい

f0194992_18473225.jpg
とか、思ってみた。
[PR]
# by sundy-photo | 2009-05-18 18:48 | 日記